ドストエフスキー VS レッド・ホット・チリペッパーズ

酒は百薬の長

スポンサーサイト

--/--/--(--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊をめぐる飲み歩き(アイルランド旅行記) 19日目 第一部 9/11

2007/08/30(木) トラックバック:0 コメント:5
09:50
バスステーション

何度も何度も来た場所だ。
そして明日もう一度だけ来る場所。

今日はここからデイツアーに参加する。
モナスターボイス&ニューグレンジを巡るツアー。
ニューグレンジが世界遺産だってことくらいしか予備知識がないが、
いったいどんなところなんだろう。

定刻どおり発車するバス。
広大な緑色の中に羊色の点々がのらりくらりしている、見慣れた風景が続く。
あぁ、羊になりたい。
1時間ちょっとすると、モナスターボイスに到着した。

でかいです。
irish007.jpg


えーと、これはですね、ハイクロスっていいまして、
なんか、でかい十字架です。(いいかげん)
この辺は墓地なんだけど、誰の墓だかは忘れてしまった・・・

下から見上げるとこんな感じ。
irish010.jpg


少し離れるとこんな感じ。
irish005.jpg


後ろに見えるパンクな二人は同じツアーの客です。
ドイツ人だって言ってました。

その更に後ろに建っている塔もでかいです。
irish006.jpg


何の塔かといいますと・・・英語解説だったのでよくわからんかった(笑)。
昔の大飢饉の話とかしてたけど、関係あったのかどうなのか。
(バカはこれだから困ります)

いやぁ、それにしても、古い石造りの建築物ってやっぱりいいですよね。
日本が木の文化だから余計そう感じるのかな。
木造建築も好きですが。

モナスターボイスをフラフラした後、バスに戻る。
途中、何気なくその辺の道をパシャリ。
irish013.jpg


アイルランドはよく「妖精の国」とかいわれますが、
どうです?
妖精現れそうじゃないですか?

でも実はコレ、若干写真のマジックでもあるんですよね(笑)。
本当は結構幅があって、大きなバスとかが普通に通る道なんです。
いい雰囲気で写るようにちょっとがんばってみました。
(バラさんでもいい気もしますが、笑)

再びバスに乗り込む。
次は・・・Old Meccifont Abbyなるところに行くらしい。
古いふるい寺院跡。

次はニューグレンジだと思ってたけど、他にも何か見せてくれるのね。
お得だ!
(というか、ツアー内容は事前に確認しましょう)

といったところで、第二部へ続く~


スポンサーサイト

| ホーム | 次のページ≫

プロフィール

DONEGAL

Author:DONEGAL
ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。